「ケノン」に満足できる人・できない人

「ケノン」と医療脱毛を比較して見たいと思います。

【脱毛実感】

「ケノン」と脱毛サロンでは脱毛実感はほぼ変わらないということでしたが、「ケノン」と医療脱毛の場合は、医療脱毛の方が脱毛実感が高いです。

クリニックでの医療脱毛は「永久脱毛」になります。
この「永久脱毛」というのは医療行為になるため、医療機関で行う医療脱毛でしかできないのです。
ちなみに、「永久脱毛」というのは100%永遠に毛が生えてこないということではなく、毛の再生率が20%以下であるということです。
間違えないようにしましょう。

そして、医療脱毛ではレーザー脱毛が行われます。
レーザー脱毛は「ケノン」のような家庭用脱毛器や脱毛サロンの光脱毛よりも、照射レベルが高いです。
そのため、医師などの免許を持った人しか施術することができないので、医療機関でしか医療脱毛は受けられないのです。

照射レベルが高いため、実感する効果も高くなるのです。

【満足感】

医療脱毛の脱毛効果は高いのですが、金額が高いのと痛みがあるのがデメリットです。
痛みが気になったり、金額が高すぎると感じたりする方は満足度が低くなる可能性があります。
ただし、早く脱毛を終わらせたいということであれば、医療脱毛の効果は高いので、オススメできますし、満足いく結果が得られると思います。

期間は長くなっても安く、痛みもなく脱毛をしたいという方は「ケノン」の方が良いでしょう。

■「ケノン」に満足できる人・できない人

「ケノン」に満足できないという人は、効果が出なくてケノンがだめだと感じたということよりも、自分で脱毛することが向いていないという場合の方が多いです。

「ケノン」の向き・不向きのチェックポイントを作成したので購入前の参考にしてください。

○ケノンに満足できる人

・予約を取ることが面倒だと思う
・店員さんと話をすることに苦手意識がある
・勧誘が断れない
・先の予定を立てることがしいくい
・仕事が遅くまであり、夜中しか空いている時間がない

○ケノンに満足できない人

・細かい作業を続けることが苦手
・物事を続けることが苦手
・すぐに面倒くさいと思ってしまう
・背中などの自分で脱毛できないところまでキレイに脱毛したい

■ケノンの効果的な使い方

【ポイント1 脱毛前後の冷却】

肌への負担を軽減させるために、脱毛器を使う前と使い終わった後に付属の保冷剤で肌を冷やしてください。
この作業を怠ると、肌を傷めてしまい脱毛を続けられなくなってしまうこともあります。

しかし、水分が肌に残った状態で照射しても、脱毛パワーが落ちてしまいますから、冷却後の水滴をきれいに拭き取ってからマシンを使うようにしましょう。
また、マシンを使い終わった後も熱かったり、なんともなさそうに見えたりするのですが、肌の中は熱がこもっている状態になっているので、しっかり保冷剤をつかって冷やしましょう。

【ポイント2 期間を空けすぎない】

ケノンの使い始めの頃は、2週間に1度のペースで照射するようにしましょう。
回数を増やすということではなく、毛周期に合わせて効率よく脱毛する方が良いからです。

毛には、「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルを続けながら、抜ける・生えるということを繰り返しています。
脱毛をして効果が一番現れるのは「成長期」です。
このサイクルに合わせて使用することで、脱毛効果が期待できるのです。

脱毛を繰り返して行っていくと、だんだんとこのサイクルが遅くなっていくので、自分の毛の生え具合をみて、生えるスピードが前よりも遅くなってきたと感じたら、お手入れをする期間を徐々に空けていきましょう。

【ポイント3 照射レベルの調整】

照射レベルは低めから始めていって、部位や肌の様子をみて徐々に強めていくと、効果の実感に繋がります。

脇・腕・足などは脱毛に慣れてきたら高めに設定していくのが良いのですが、胸・VIO・顔などのデリケートゾーンは慣れてきたとしても、照射レベルを急に高くすることはやめましょう。
肌への負担が大きくなってしまいますから、デリケートな部分は慎重に調整してください。

【ポイント4 保湿はしっかり】

保湿がしっかりできていないと肌が荒れてしまったり、乾燥してトラブルが起こってしまったりします。
そうなると脱毛の照射レベルを下げなくてはいけないため、脱毛効果を実感しにくくなってしまうのです。
そのため、脱毛した日以外にも毎日しっかり保湿をして、肌のケアをすることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ